* --.--.-- → スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- *** スポンサー広告 | Trackback(-) | comment(-) | Top
* 2006.03.15 → 照明とか
031308.jpg031104.jpg
リビングの4角につけたワッツのウォールランプ。あるイタリアンレストランで一目惚れして探して探して辿り着いたメーカーのワッツ。実際につけた感じも部屋にぴったりあっていて一安心。


031101.jpg
階段の踊場上にあるライト。これもワッツの2連タイプ。


031103.jpg
階段途中にあるニッチの照明。小さいダウンライトがグー。何を飾ろう...



031102.jpg
2階ホール。明るさは全くないけど、赤いライトがムードは満点(笑)まだ明るかったので写真ではわかりにくいけど、暗くなるとすごーくいい感じ。ここはちょっと遊び心をもたせました。


031309.jpg
納戸。1個1800円くらいの物(笑)コストダウンはこういうところでね。


031302.jpg
ちょっと虫っぽいけどアイアンとガラスがいい雰囲気のブラケット。ダイニングの吹き抜けに4つ取り付けてるんだけど、これは本来は写真とは逆につけるもの。でもそうすると、明かりが下に広がらないので、無理やりワイヤーで吊るしてもらって逆に取り付けております。こんな面倒なことをお願いしても嫌な顔ひとつせずにやってくれております。感謝!



031301.jpg
パナソニックのどこでもホンでござーい。これ結構うれしい♪
ニッチの中についてるのにはビックリしたけど。
きっちり埋め込んであると思った^^:



これから家を建てる方は、窓の高さはヒジョーに大事です。
我が家のリビングとダイニングはかなり上の方に付けてもらったんだけど、実際は全然高くなくて、ちょうどいい。吹き抜けや、天井が高い家が増えてきたけど、窓の高さの提案は昔のままなんじゃなかろうか。と思う。図面ではわかりにくい部分なだけに難しいけど、窓の高さは自分達でしっかり把握しましょう。

玄関のモニターホンは外構の兼ね合いで駐車場の近くに取り付けるける予定だけど、スルーしてきた人や家族用に玄関横にも小さいピンポンを付けてもらった。レトロな感じがよろしい。


電気関係は必ず何かあるっていうけど、あるね。特にコンセントは何度も確認したけど、「あ~もう少し上だったな~」とかあるもんね。


面倒なお願いにもかかわらず、現場監督さんから「後で後悔しないためにも何なりと言ってください。出来るだけ対応させていただきます」とうれしいメールをいただいた。この工務店で建てて本当によかった!と思う瞬間ですな。


さて、明日からはクリーニングが入って、いよいよ床の塗りに入っていきます。


今週末まで現場に入れないので、外をウロウロしよう(あやしいって)



*************

工務店ロビンHP
image.gif

スポンサーサイト
00:03 *** インテリア、家具 | Trackback(0) | Comment(2) | Top
<<塗装 | Home | 家具とか>>
Comment
こんにちは。
 細部にまで「拘り」を大切にされた家造り,順調な様子ですね。
何時も拝見させて戴いて居ります。
>窓の高さは自分達でしっかり把握しましょう 
そうなんです。以外と盲点となってしまう点です。立面図と今住んでいる
部屋にスケール当てて確認しないと実感が掴めないのですよね。
2006.03.15 12:33URL | bluecity_親父[ Edit] | Top
>bluecity_親父さん
こんにちは。
振り返ってみると、こだわったような、もっとこだわればよかったような複雑な感じです。
いつも見ていただいてありがとうございます~(〃∇〃)
私が気づいた分部が、今から建てる方のお役に立てればうれしい限りでございます。ま、そんなきのきいたことは書いてないんだけど^^;
そう!窓の高さは大事ですね~。私も盲点でした。「これが一般的な高さです」と言われると、自分で決めるのがこわくなりますが、自分が住む家なので、誰がなんと言おうと貫く意思が大切ですね。私は優柔不断なので、「普通はこうですよ」とか言われると気持ちが揺れてしまうんです。。
2006.03.15 20:41URL | kaori[ Edit] | Top
コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可する

Trackback
Trackback URL
http://holyhouse.blog19.fc2.com/tb.php/108-f99e9630
Home
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。